一番は、できるだけ早い段階からご相談いただくのが双方にとって良いことだと考えます。
いざ開発することが確定した際に、一番のネックが開発期間だからです。
時間的な余裕があれば、選択肢も増えますので早めに動いて頂くことをお勧めいたします。